放課後等デイサービスのメリット

2014年10月24日

障害のある児童を預かってくれる放課後等デイサービス。

では、放課後等デイサービスにはどんなメリットがあるのでしょうか?

そのメリットがわからない為、放課後等デイサービスを利用していないという方も多いと思います。

それはもったいないです。

ここでは、放課後等デイサービスのメリットをわかりやすくご紹介します。

1、放課後や長期休暇中に、面倒を見てくれる
ご両親が共働きということが多い近年、障がいを抱えた児童一人を家に置いて、お留守番させることが危険な場合があります。学童保育に預けることも定員がいっぱいなどで困難な場合が多くあります。

こうなると、ご両親は働きに出ることが困難になります。さらに、学校が終わったあとの時間からは親が子どもの面倒を見なければいけないので、家事などができません。

そのため、放課後等デイサービスを利用することで、放課後や長期休暇中にお子様の居場所となる場所を提供してもらえる、預けている間に家事などの仕事が気兼ねなくできるというメリットがあります。

2、低料金で利用できる
児童福祉法に則った福祉サービスなので、高齢者のデイサービスのように利用者は利用額の1割の負担で利用することができます。また、施設の営業時間中であれば、何時間でも同じ料金で利用できます。

3、障害のある児童の発達を促してくれる
発達障害は、「発達が困難な部分」と「適切な支援があれば発達できる部分」に分かれます。学校とは違った人とのかかわりや、訓練などの経験を積むことで発達を促すことができるのです。

簡単ではありますが、放課後等デイサービスにはこのようなメリットがあります。

一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

岐阜・本巣・瑞穂でお勧めの放課後等デイサービスひまわり

http://himawari.link/

介護業界でセラピーを考える。

2014年5月22日
セラピスト仲間で介護への参入について話合いをしました。
話し合いというと会議みたいですけど、近況をたたおしゃべりをして
最近のトピックを話していいただけですけど・・・。
今回でてきたの話題では介護でセラピーはうけてもらえるのか
ということでした。
実際に仲間には、ふっとセラピーで老人ホームに入っている人もいます。
はじめはボランティアで入っていって、そのうちに気に入られて、
毎週通うようになったとのこと。
そうしていると、施設にいる介護者のヘルパーさんやケアマネさんが、
どんなことをしているのか興味をもってくれて、
実際にうけてもらっていると、お客さんが増えていったとのこと。
介護を受けている人や、施設に入っている人を対象にマッサージやセラピーをするのも
もちろんニーズはありますが、ヘルパーさんなどの仕事をしている人も癒されたいと
考えているので、ヘルパーさんやケアマネさんを対象にしてもいいかもなと思います。
また、仲間の中では、デイサービスを立ち上げた人もいます。
どんなサービスなのかというと、午前、午後で入れ替え制のリハビリステーションの様で、
食事や入浴はなくて、リハビリ特化型なんだそうです。
実際に、リハビリに特化しているので、1日いるのは大変だけど、半日ならいいという利用者
さんや、積極的にリハビリをされる利用者さんにとってはとても喜ばれているそうです。
また、訪問マッサージをやっているという仲間もいます。
訪問マッサージは、歩行困難や通院困難なかたを対象にした、リハビリマッサージを言うのだそうです。
どんな方が対象になるのかたというと、それこそ。介護が必要な方などです。たとえば、脳梗塞やリウマチ、
変形性関節症、筋萎縮性側索硬化症など。いろいろな病気の方が対象になります。
実際は、そのような対象となる患者さんの自宅や、施設に対して訪問して、リハビリやマッサージ、鍼灸治療
をするそうです。なかなか、やってもらえないと言っている患者さんとしては、とても便利なサービスのようです。
http://www.hoken28.com/

岐阜の研修で知り合った先生の接骨院へ行ってきた

2014年4月27日

セラピストはよく研修にいきます。岐阜で開催されるセミナーにも行く。そうすると同業ですが、異なる施術テクニックを持っている人ばかりといってもいいくらい面白い方ばかりです。当然接骨院の先生たちもいます。セラピストにもたくさんの種類があるんだなと思う事もある。おおまかにわけると 美容系、医療系、メンタル系でしょうか?

○美容系

この方たちはだいたいエステサロン関係の方が多い様に思われる。フェイシャルや、オイルマッサージ、美顔、エステといったところ。美容系の方は美に対してとてもこだわりが強い印象があります。接骨院でもこういった美容を意識されたところがあるということも同じ研修に来てみえた先生からおしえていただきました。美を意識されているだけにきれいな方、かっこいい方が多い様に思われます。完全に主観ですけど。

○医療系 こちらは完全にセラピーを医療と捉えている方たちです。この分類の方々は、多くの場合は国家資格をお持ちの方達です。接骨院の先生たちもふくまれますね。国家資格でいうならば、鍼灸師。おっと。鍼灸師といいうかたは国家資格を2つお持ちの方です。正しくは鍼師、灸師といわれてそれぞれ異なる国家資格ということです。接骨院の先生は柔道整復師。あん摩マッサージ指圧師、とか開業系ではないですが、理学療法士、作業療法士の先生もこちらにはいるのかなあと思います。理学療法士、作業療法士の先生はより医学的で医療に強いイメージですね。

○メンタル系

こちらは心理学とかカウンセリング的な要素となります。国家資格ではないですが、臨床心理士の方、認定心理士のように大学院などで専門的に学ばれた方。民間の資格として○○認定カウンセラーの方、各種のセラピーを学んでその認定を受けている方達です。メンタル系の資格にはさまざまなものがあり、一見怪しそうな側面があるセラピーもよく学んでいくといろいろな心理学をベースにつくられているので、きちんと症状にあったものを選択してあげることでびっくりするぐらいの効果をあげることがある。現場経験の多いセラピストならば、心と身体の関係性は非常に深いものがあることはよくわかっていると思います。ですから、メンタル系のセラピーの重要性もわかります。

先日は医療系であるセミナーに参加した際にご一緒した接骨院の先生のところへお邪魔しました。

岐阜県の岐阜市にある接骨院です。先生もやさしい先生でとても勉強熱心でした。また、解剖学的なことがわからない点があったので、お聞きするととても丁寧に教えてくださいました。この先生腰の施術がとてもうまかったです。今後もこのような施術のやり方を教えてほしいなあと思います。

岐阜へ行ったなら接骨院ここがおすすめです!

http://www.bo-ne.com/

新入社員の研修

2014年4月3日
もう早いもので3月も終わりです!今日どこかの大学の卒業式だったのでしょうか、袴姿の女の子達を大勢見ました!!この子達も4月からは晴れて新社会人になるんですね~。きっと今は社会人になることに期待と不安でいっぱいなのではないでしょうか!私もそうでした。私は期待より不安のほうが大きかった記憶がありますが…。社会人になると必ず誰もが経験するのが研修だと思います。特に新入社員は参加させられますよね。研修会ってホント緊張しますよね。研修会の内容も種類も職業によってさまざまだと思います。一般事務職だった私は某銀行主催の研修会に新入社員の教育の為に参加しました。研修内容は仕事の進め方や敬語の使い方、来客や電話応対などの研修でしたよ。セラピストさんの研修会って何をするのでしょうね?どんな職業であろうと研修会って大事なんですよね。研修会に参加して少しでも社会人として成長出来ると良いですね。

質の高い研修会に参加する

2014年3月3日
研修会に参加することは、社外の空気に触れることで毎日の日常の仕事に対してマンネリ化してしまっているなかでは、外部での研修会に参加することは、すごく刺激になることは間違いないですよね!いろいろと出会いをとおしてセラピストとしても成長していけると思います。また他社との交流もできて、情報交換もできて参考になることもたくさんあります。そこで一緒に学んだセラピストとの方との交流は大切ですよね。また経営者や先輩セラピストとの交流は貴重となりますね。それに単に受け身の立場での研修会ではなく、参加型の研修会も勉強になります。ただ…なかには質の低い研修会もあり、内容が薄い…内容のある話しが聞けなかったということも少なくありません。せっかく忙しいなかで研修会を受けるのですから、厳選する必要があるのです。それに気を付けて積極的に研修会を受けましょう!

過去の研修会

2014年1月22日
研修会にも色々あって、会場でのセミナーや 現場研修会など様々です。海外研修会っていうのに ハワイへ行ったことがあります。ハワイのマッサージを勉強しに行きました。研修会の中ではあまりカリキュラムも本格的ではなく、何だかお金が損したかんじでしたが、ハワイは満喫できたので良かったかなと思います。むこうに少し滞在して朝から晩までみっちりハワイのマッサージのトレーニングならいいかもしれません。ハワイのマッサージはバリのマッサージより好きなので、いつかはハワイにロングステイしてマッサージのスクールに通いたいなと思ってます。こちらでは中々うまいハワイのマッサージサロンが少ないので、というか岐阜には上手いサロンがないので残念です。机上でのセミナーは うまく休憩や引きつけるはなしをしないと、寝てしまいます。やる気があるないではなく、脳がギブアップするのです。講師の力量しかありません。

日々勉強!

2014年1月15日
セラピストといっても職種はさまざまですよね。例えば、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)・整体士・柔道整復師・鍼灸師・リラクゼーション・アロマセラピストといった方々、技術を高め患者様、お客様の役にたつために日々勉強されていると思います。技術向上、コミュニケーション能力をあげるために、あらゆる研修会に参加することは重要ですね。私の知り合いも月1ぐらいに、研修会やセミナーに参加していると聞いたことがあります。プロのセラピストがまだ勉強することがあるのかとびっくりしました。研修会やセミナーに参加することで気付くこと得ることは、まだまだあるそうですね。今までの考え方が変わったり、意識が変わったりと参加することで変化もあるそうです。色々な研修会に参加することは勉強になりますね。

雑談

2013年10月4日

ネットやゲーム世代の若者はコミュニケーション不足の為、人と上手く話ができないという状況になっています。これでは社会にでても仕事が出来ないし、生きがいも持てない。社会は自分一人ではないのです。みんながいて、誰かが支えて初めて仕事がなりたつのです。ズケズケと馴れ馴れしいのは、もっての他です。でも、誰にも話さない、会話が続かないでは結婚さえ不適合者になりかねません。雑談って度合いが過ぎれば、よくありませんが、雑談って誰でも簡単にできるものではない。いかに人と関わってきたか、経験値が大きく占めます。私は若いうちは接客業に就いた方がいいのではないかと思います。人から教わる事が多いので、年を重ねても人の話に耳を傾ける事が出来たりします。若いうちはスンナリ行くよりも、挫折と失敗をとことん味わえばいいのです。そこで引きこもりになろうと、その人の人生なので別に構いません。いつかこのままではいけないと思う日が来るからです。

実践型研修会

2013年7月17日

セラピストに限らずどこの企業にも研修会はあります。業種はもちろんのこと自分とは年齢も立場も違うような人たちが、普段何をどのように考えているのか…何を悩んでいるのか…何をして成功しているのか…何に失敗してきたのかを“リアル”な現場の声を聞くことで、お互いが刺激となり素晴らしい出会いにもなりす!!また研修会の種類も様々ですよ。新入社員向けの研修・管理職や中堅社員向けの研修とスキルアップ研修会と色々あります。研修会へ参加することで色々なことが学べます。課題を解決し現場力を高める!またセラピストのように接客業の仕事に必要なコミュニケーションスキルやテクニカルスキルが求められてきます。どんな問題にも柔軟にこなせる現場力・解決能力を身に付けたい方は全面的にサポートしてくれる『実践型研修会』に参加してみてはいかがでしょうか。

鵜呑み

2013年6月7日

研修で出向くは、寒い時には腰が重くなります。ついつい暖かくなってから~と言い聞かせています。研修は出向くだけではなく、今はネットというツールやDVDなどがあります。出向くとそ雰囲気など臨場感もあり、気持ち持ちようがありますよね。今研修で話された内容を録音したCDを聴いたりしています。車中で聴くでヘビロテで流しています。運転していると、たまにフレーズが耳に入ってきます。賛同できる事も、それはどうな?みたいな事も思います。基本すべて鵜呑みは結果自分モノにはならないということです。納得している話じゃなければ行動に心はついてきません。自分がいいと思った事をまずやる事。それにつきます。人話は参考程度でいいです。鵜呑みにする人ほど、結局何もまとまらないんです。考えも生活も。